山北みかんライフ【高橋農園】
Origin
愛媛のみかんは山北村より
-
みかんで有名な愛媛みかんの始まりは、現在の山北のみかんから始まったと言われています。
愛媛県史並びに吉田町史、その文献より確認できます。

昭和6年に愛媛県出身の松尾武美氏(のちに全国果樹同志会初代会長・県会議員・青果連副会長・宇和青果組合長などを歴任)が「1789年に立間村の加賀山平次郎氏が土佐より温州みかん苗1本買い求める」と記載があります。


明治、大正時代
山北みかんは、安政2年(1855年)山北村の池田文治氏(東吉次)が長岡村から数本の苗木を取り寄せて植えつけしたことに始まっています。日本では安政の大地震が起きた年、その7年後には高知県で坂本龍馬が土佐藩を脱藩した頃になります。

山北みかんの栽培はすぐには拡大しませんでしたが、明治16年ころより山北村西光の桑名国次氏がいち早く品質の良い事を認めました。そして、自ら栽培を拡大し始め(60a)、明治25、26年ごろから栽培者が山北で増加し、同37、38年ころには多数の人が栽培するようになりました。

また明治31年頃ワシントンネーブルを藤田喜全氏により栽培されるようになり広がりを見せたが、大正4年高知県では珍しい−6.8℃の寒波により大被害を受け栽培面積は減少しました。



同市野市町でも日露戦争後の明治41年ころから柑橘類が導入され、夜須町でも同じころに栽培が始まりました。

当時香南地区の柑橘が他の地区に比べて特に味が優柔なので、市場に高価に販売されていましたが、生産量が少ないために広く世に紹介されなかったようです。その後高知県柑橘模範園を山北に設置し、これを推奨したことにより、農家の栽培意欲を高め有志が競って県外優良産地を視察し、いちだんと栽培に拍車をかけることになりました。

明治41年には四国地区の果物品評会で全出品作品の70%を占める入賞者をだし、当時のメディアからも多いに賞揚され、広く名声を高め、東京大阪方面より試売の申し込みあるいは現地視察者が来訪するなどし、以降先輩先駆者のご努力により県下一のみかん産地に成長するに至りました。


この頃より山北みかんのブランド化が確立されるようになりました


山北みかんのご購入はコチラ


昭和に入ってからは、商売人がオート三輪や車力でみかんを買いにきて、当時は現在のようなコンテナもなく、りんご箱にみかんを入れなおして市内へ売りに行っていたそうです。

戦時中は食糧難により「みかんを切って甘藷を植えなさい」と言われ、みかん栽培が衰退する事もあったが、先人の方々のご努力により現在にいたります。

Environment
山北みかんの栽培環境
-

高橋農園のみかん畑は北側に山々が連なる斜面で栽培しています。この排水性の良い山の斜面が新鮮な水を運んでくる事で、平地よりみかんの栽培に適しています。

その山の一部には日本三大鍾乳洞の1つに数えられる、龍河洞があり奇麗な水が湧き出ています。



農園の横にはわき水が年中流れており、農園の中央には昔その水を貯める池が作られて山北地区ハウス団地の農産物栽培に利用されています。山北地区では今でも井戸水をくみ上げ飲み水として利用している家庭があります。

 
History
山北地区、弥生時代からの歴史
-

この山北の高橋農園のある場所は、香南市文化財センターの方の話では江戸時代、お寺が集合していた場所で長宗我部時代に全てとり壊されたと言われています。現在でもお坊さんの坊とつく地名もいくつか残っています。

その当時水は大変貴重で奇麗な水が出る所は今で言う高級住宅街だったそうです。江戸時代から奇麗な水が存在していたのです。

さらにみかんの移植作業をしていた時に、根っこの土の周辺から約1800年から1900年前の住居後と土器が発見されました!

当時は弥生時代、その時代から山北では人が生活をしていた事に感動しました。


山北みかんのご購入はコチラ





※JA土佐香美 果樹部設立40周年記念大会より


山北みかんのご購入はコチラ
 
上部へ戻る