山北みかんライフ【高橋農園】
About
山北みかんライフとは
-
山北みかん

“高知県でみかんといったら”
山北みかん。

山北みかん農家の直販サイト「山北みかんライフ」。運営は親子三代に渡り、みかんを専門に生産している農家「高橋農園」です。10月末から12月末まで山北みかん狩りが楽しめます。

 


高橋農園
Terrain
皮が薄く、食味がある。
-

山北は江戸時代からみかん栽培が行われている歴史ある土地。地形は逆U字型の山に囲まれ、南から暖かい風が入り込む独特の地形になっています。
そのため、みかん栽培に適し、皮が薄くおいしいみかんの味が生まれます。


Inherit
技術を受け継ぐみかん農園
-

開園から50年、3代に渡り、祖父から子、子から孫へみかん栽培の技術を受け継ぎ守ってきたみかん。昔から変わらない露地みかんの栽培方法は、みかん本来のおいしさを守ることにもつながります。


山北みかん農園
Thought
山北みかん本来の
おいしさを届けたい。

-

高橋農園ではこれからもこの山北でみかんを作り続け、一人でも多くの方に「おいしい」と食べてもらえることが一番のよろこびです。近所では高齢化でみかん栽培をやめていく方がいますが、山北みかんの歴史や先代の残してくれたみかんの木は大切な財産で、感謝の言葉しか出てきません。
これからも家族で助け合い、子供の代孫の代へと引き継ぎ、みかん栽培を続けていきたいと思います。




Soil
自然の力を借りた土壌
-
高橋農園では昔から土壌管理として、雑草を肥料にする「緑肥」を有効活用しています。
みかん畑の草は草刈り機で刈った後、みかんの木の根元にかき集めます。
化学肥料と違い、ゆっくりと肥料成分が土壌に浸透してしていくのが特徴です。 手作業の為大変ですが、かき集めた草は雨風と共に土に浸透していき、土壌に有用な微生物も雑草を栄養元とし土が肥えて水はけも良くなります。
除草剤は極力使わないようにしています。

最近ではみかんの糖度を上げたり雑草が生えないようにマルチシートを敷いたりする方法も行われていますが、みかんの木が自然に近い状態で育てるのが一番だと祖父の代からこの方法は変わっていません。


山北みかん


 
上部へ戻る